言葉とカラダ

今日は「伝筆」という飾れる文字を教えていただきました。

普段は自分の書いた字を飾るなんて考えられない私ですが、講座終了するころにはまぁまぁな文字が書けるように。

言葉にする大切さと伝えることの大事さを感じました。

そして言葉とカラダの関係もあるのです言霊というように言葉には力があります。

私たちは目に見えないことはなかなか感じづらいのですがカラダにも、ツライ所に「いつも頑張ってくれて、ありがとう」「頑張り過ぎなくて大丈夫」などの言葉をかけて、優しく撫でてあげるとラクになると思いますよ。

逆に言ってはいけないのは「ずっと痛い」「もう、治らない」なんて言葉です。

カラダも、ちゃんと聞いているんですぜひ試してみてくださいね^ ^

タグ:

最新記事
カテゴリーから検索
アーカイブ